味覚がわからなくなる生活はもう耐えられない!

私たちの生活していくうえでも、食事はかなり重要です。食事もしっかりととらないと元気にもなりませんし、精神的にもへこんでしまいます。やはり食事は体や心の健康のために大切だと言えます。また、美味しいものを食べるのも人生を楽しむ上では、かなり大切です。美味しくたべることは、幸せにも繋がるのです。

味覚の味蕾が正常に働いてこそ美味しい食事ができる

そんか食事が大切にできるのも、味覚が正常に働いてこそです。味覚は舌の表面にうる味蕾(みらい)とよばれる器官によって感じます。この味蕾も一定の期間ごとに再生をしていきます。肌のターンオーバーのような感じです。

そのターンオーバーも正常に働くからこそ、常に私たちは甘いものは甘いと感じ、苦いものは苦いと感じることができるのです。ちなみに舌の部分によって味の感じかたの差があると言われてもいます。しかしこれは、間違いです。舌全体で味は感じるので、部分ごとに味の感じかたに差はないようです。
いずれにしろ、舌の表面の味蕾があってこそ、私たちは食事をしっかりととることができるのです。

年齢を重ねるごとに味覚がおかしくなることもある

そんな味覚ですが、急に変わってくることもあります。また、年齢とともに味覚は一般的に変わってくるとも入れています。たとえば、若い頃と高齢になってからだと、同じ食べ物でも高齢の方が味が薄いと感じる傾向にあります。年をとるにつれて、たとえば奥さんの料理の味付けがかわったなんて感じた男性もいるでしょう。

それは料理の方法を変えたとかではなく、実は味覚が変わってしまい、それによって味付けが変わってくるなんてことなのです。年齢による味覚の変化もやはり仕方のないこと、当たり前のことなので、それは障害とは違います。

しかし、本当に障害になってしまうと、次のようなことがおきます。
例えば、甘いものを食べても苦いと感じたり、苦いものを食べても_甘いと感じたりしてしまいます。

他にも、何を食べても味かしないなど、人それぞれで症状もいろいろと変わってきます。こうなると、やはり食事をとることも大変になり、苦痛になったりもするそうです。これでは体の健康にも影響してきますし、心の健康も保てなくなるかもしれません。

こうした味覚障害は誰でも起こりえるものです。さらに年齢も高齢だけとか、特定の層だけでもありません。もちろん、男性や女性といった性別も関係ありません。

不摂生な食生活が味覚障害を招いてしまう

せっかくの食事がきちんと味わえない味覚の障害は実はその前の食事が招いているなんてこともあるのです。食事も昔と比べれば、レトルト食品やファーストフード、またコンビニ弁当など手軽にとれるものが増えました。

その一方で、そうした食事により体の栄養のバランスは崩れがちになります。またダイエットの普及により幾度の食事制限や偏った食事にも鳴りがちです。それらによって、体の栄機能も正常に働かなくなることも珍しくなくなりました。

味蕾もこうした食事により正しく機能しなくなったり、ターンオーバーできなくなったりといろいろと影響を受けるようになりました。他にも食事や生活から来る病気により味覚に障害が発生したり、病気の治療薬が副作用で障害を招くことも出てきたのです。

子ページで食事との関係や病気や薬との関係、治療についてなどいろいろと情報を紹介しています。誰にでも起こりえる味覚の障害についても万が一に備えて知っておくようにしましょう。そうすることで、普段から予防にも努められるでしょう。